シャポン「Cachemire sheath」その2

Cachemire sheath

「Cachemire sheath(カシミヤシース)」は、フランスのエクランの4つの季節を表しており、シリーズも4種類展開されています。私が購入したのは太陽を思わせるようなオレンジ色で、所々にラメが装飾されています。ボンボンショコラのアソートで12粒入りです。

レビュー第2弾です。
第1弾や「シャポン」についての簡単な説明はこちらをご覧ください

私が食べた印象は……

Praline Royal Lait:
Praline Royal Laitイタリア/スペイン産のプラリネ。
その1でレビューした「Praline Crial Fondant」に似た味で、クルミがないバージョン。なんですが、なにかナッツのサクサク感と、香ばしい苦みがあります。ガナッシュは一緒で、ミルクチョコが違うのかしら。

名前は不明:
名前は不明こちらもガナッシュは「Praline Crial Fondant」「Praline Royal Lait」に似ています。こちらのほうが、ローストしたナッツの香りがソフトです。多分コーティングのビターとのバランスを取って、ソフトにしたのでしょうね。

Ganache Poire Amande:
Ganache Poire Amandeビターアーモンド、ミルクチョコレート。
ぱりっとしたコーティングの中には滑らかなガナッシュ。苦く、そして酸味があります。アーモンドは探してみましたがよく分かりませんでした。(そもそもフレーバー名が違うのかも)それよりも珈琲の香りがします。強いフレーバーなのにキレがあり、味がなくなるまでが一瞬の出来事のようです。

Caramel Violette:
Caramel Violetteスミレの香りのキャラメルガナッシュ。
これまでスミレのガナッシュを色々食べてきましたが、ここまで輪郭のはっきりしたスミレの香りは初めてです。キャラメルは甘酸っぱく仕上げられています。とても香りが高く、すこしアルコール分があるかもしれません。コーティングされたダークチョコの甘さと、ぴりっとした酸味が相乗効果で引き立ちます。

Ganache Thé:
Ganache Théイースターに注がれたお茶。
ガナッシュにはプーアルやキームンなどの中国茶を使用していると思われます。鼻にスモーキーな薫りが抜けていきます。渋く、力強い味です。これだと一緒に飲むお茶に負けないですね。

Rosefram:
Roseframラズベリーの果肉とバラの花びらのガナッシュをミルクチョコレートでコーティング。
口が潤うラズベリーの酸味に、バラの麗しい香り!
とてもロマンティックです。ですが全体的に甘さはひかえめ。ミルクチョコも味を抑えていますね。フレッシュな香りと酸味を楽しむ一品です。

私は「Coulis de Cassis」「1er Cru Noir Amer」「Caramel Violette」「Rosefram」が好みでした。

シャポンは「くっきりはっきり」していました。

ナッツ系は限界まで香ばしくそしてサクサク、フルーツ系はそのものを食べているかのようなフレッシュさ。
シャポンのチョコレートは味の粒がたっていて、はっきりしているのが特徴ですね。
だから透き通ったような印象になるのかもしれません。
私はフレッシュなボンボンショコラが好みなのですが、とても好きになりました。
(でも不動の一位はファブリス・ジロットですっ)

ショコラティエのパトリス・シャポンさんは相当のアイデアマンで、クリスマスシーズンになると、お店になんと400種類ものチョコレートが並べられるそうです。わたしが食べたのなんて、ほんのほんのひとつまみです!

Chocolate Chapon

シャポンはどこで味わえる?

オンラインはあるものの、日本への発送は行っていないようです。
私は個人輸入代行を経由して購入しました。
もし気になる方がいらっしゃいましたら、お問い合わせからでも右のツイッターからでもご連絡ください!
気温の関係上、購入できるは3月中が限度かなと思います。

コメントを残す