ファブリス・ジロット「ボンボンショコラ」

ファブリス・ジロット「ボンボンショコラ」

「ファブリス・ジロット」についての詳しい紹介は、こちらに載せています

今回ご紹介するボンボンショコラは、すべて定番のものです。

私が食べた印象は……

オドラント(ODORANTE):
オドラントバルベナとレモンのコンフィのガナッシュ、ビターチョコレート。
バルベナとはレモンバーベナのことです。かじると瞬間、バルベナとレモンのスパイシーで爽やかな香りが広がります。コクのあるガナッシュで、味はすべてが等しくひかえめです。喉を通るとき、もう一度バルベナとレモンの香りがして、締め。余韻はやや苦めです。

カプリス(CAPRICE):
カプリスブルゴーニュの丘にある当社の畑で育てられたフランボワーズのガナッシュ、ビターチョコレート。
このフランボワーズはファブリスジロットの味だなあ、と嬉しくなりました。引き締まった苦みのあるビターチョコレートに、フランボワーズの穏やかな香りと酸味がやってきます。やわらかくも粘り強いガナッシュのおかげで、余韻は長く長くフランボワーズが続きます。

カラメルフロール(FLEUR DE CARAMEL):
カラメルフロールカラメル、バター、ミルクのガナッシュ、ミルクチョコレート。
焦がしたカラメルの味がします。ミルクチョコレートでありながら、フルーツのようなきりっとした酸味を感じます。やわらかいガナッシュは、味を探し終える前に逃げるようになくなってしまいました。もうひとついただきたい欲求が高まります。

プロヴァンス(PROVENCE):
プロヴァンスプロヴァンス産アーモンドのプラリネ、ビターチョコレート。
香ばしくてソルティなプラリネです。ざくざくした軽い食感が楽しく、噛み締めるたびにアーモンドの香りが鼻から抜けていきます。時々苦いな、と感じるのはコーティングのビターチョコレートによるものです。

ペシェ(PÉCHÉ):
ペシェ桃のマジパン、桃のコンフィ、ビターチョコレート。
ほろっと崩れるマジパンに、ジューシーな桃のエキスが封じ込められています。アルコールが入っているのか、ほどなくして胸がじんわり熱くなります。フレッシュで華やかなアロマに癒されます。

ありがとうございました

美味しかったです。あまり書くこともないほど満足しました。
今回はファブリスジロットお得意の2層3層モノのボンボンショコラは買わなかったのですが、それでもカプリスやペシェなどは、この味だよな〜という喜びが沸き上がってきます。

ペシェは、昔いただいたブーシェで、なんだあこれはー!と目が覚めました。ブーシェとは口紅の箱くらいの大きさのチョコレートバーというかケーキというか、そのようなものです。

ときどき季節商品としてお店で売られていたりしますが、フルーツ系のブーシェは見なくなりました。フランスでは置いてあるんですけれどね。またがぶーっと行きたいです。がぶーっと。

次は多層モノのボンボンショコラをいただきたいです。栗とかグレープフルーツとかイチゴとか。

商品情報

名称 チョコレート
購入価格 1粒 210円(税込) プロヴァンスのみ 262円(税込)

ファブリス・ジロットはどこで味わえる?

オンラインでは、伊勢丹が取り扱っています。
なのですが、こちらのボンボンショコラは販売されておりません。
でも大丈夫。「クルール・ド・ブルゴーニュ」は置いてありますから。

  • 伊勢丹 オンラインショッピング「I ONLINE」スウィーツ

コメントを残す