レ・プティット・パピヨット「ボンボンショコラ」

レ・プティット・パピヨット

レ・プティット・パピヨット(Les Petites Papillotes)は、フランス人ショコラティエが、2012年4月大阪の京町堀にオープンさせたチョコレート専門店です。イートインスペースでは、チョコレートドリンクやケーキなどをいただくこともできます。

公園そばにあるシックな佇まいのレ・プティット・パピヨット。
今回は季節商品を含む17種類のボンボンショコラの中から、いくつか購入してみました。

私が食べた印象は……

サクラ:
サクラこのボンボンショコラは季節の商品です。ガナッシュはほのかに桜の香りがします。ベリー系のようなキリリとした酸味と透明感あるビターチョコレートの味が、とてもさわやかなひと粒です。

アマンド:
アマンドスペイン産アーモンドのプラリネをビターチョコレートでコーティングしています。プラリネはザリザリとしたアーモンドの食感があって楽しいです。焦がしアーモンドの良い香りと落ち着いた苦みのある、リッチな味でした。これは美味しい。

ラクテ:
ラクテ生クリームをたっぷり使った少しソルティなミルクガナッシュです。濃厚な生クリームを使っているんだなと分かる、こっくりしたミルクの香りがして、これが長い余韻につながります。なめらかな口くちどけです。甘さはひかえめ。

ほうじ茶:
ほうじ茶ほうじ茶独特の香りと香ばしさを抽出したガナッシュです。ほうじ茶成分をいれることで、酸味と渋みが強調されているように思います。これは好みが分かれそうです。スパイス系、漢方系が好きでしたらいっておきましょう! 私は好きでした。

甘さひかえめで上品なチョコレート

店の外観やボンボンショコラのデザインから想像できるような、上品で落ち着いた味のチョコレートたちでした。
贅沢な午後のティータイムにもってこいな雰囲気です。
なんだか太陽を見ながらいただきたいと思っちゃったんですよね。
まったりしたあの午後。

そうそう。これを買いにいった時、お店のショーウィンドウにチョコレートアートが飾ってありまして、そのうちのひとつ「池で泳ぐ鯉」が、お店の雰囲気に合ってないんだけれど、インパクトがすごくて、がっつり魅入ってしまいました。
日本を大事にしてくれているんだろうなあ。衝撃の後、優しい気持ちになりました!

お店のブログにも写真がありますので、紹介しておきます。こちらです

商品情報

名称 チョコレート
購入価格 1粒 260円(税込)

※ 価格は私が購入した時の価格であり、店舗や時期により異なります。

レ・プティット・パピヨットのチョコレートはどこで味わえる?

レ・プティット・パピヨットのチョコレートは、京町堀の店舗でのみ購入ができます。
5月15日からはアイスクリームの販売が始まります。お近くのかたはどうぞ。
そして、まだ置いてあるかな?チョコレートアートもぜひご覧になってください。

コメントを残す