ファブリス・ジロット「シュークリームとソフトクリーム」

ファブリス・ジロットのシュークリーム

「ファブリス・ジロット」についての詳しい紹介は、こちらに載せています

東京駅一番街「TOKYO Me+(トウキョウミタス)」に新しくオープンしたお店へ行ってまいりました。

今まで北海道でしか食べられなかったソフトクリーム、シュークリーム、前回のサロン・デュ・ショコラで登場したピーチフレーバーのフォンダンショコラ、そして、東京駅限定の「東京ミルフィーユ」。日本で販売されているファブリス・ジロットの商品すべてが揃っているんじゃないかな、と思いますがどうなんでしょう。

あと期間限定で「ピュア」も販売されていましたよ。ピュアはなんだかんだで季節の定番になりそうですね。

ジロットのディスプレイ
カウンターのディスプレイも東京みやげを意識しており、
ナノブロックで作られたスカイツリーや東京タワーなどの名所がかわいらしいです!

おみやげ街にあるファブリス・ジロットの商品は、周りのお店の価格帯となじんでおり、はじめて知るかたにもすんなり受け入れてもらえそうな気がします。
これを機に、おみやげの定番ブランドになるといいなと、いちファンは願っております。

さてさてレビューです。
「東京ミルフィーユ」も購入しましたので、そちらはまた後日に。

私が食べた印象は……

2つの味のシュークリーム

シュークリームのお味はカスタードとミルクチョコの2種類があります。

シューはさくっとしているけれどしっかりした歯ごたえで、カスタード味のほうは手で割れましたが、ミルクチョコ味のほうはナイフを使ってふたつに割るくらいハードでした。ものによると思いますが。

カスタードシュークリーム
こちらカスタードシュークリームです。
カスタードホイップクリームにバニラの粒が入っています。
ふかふかでエアリー、そしてやさしい甘さのシュークリームです。

ミルクチョコシュークリーム
ミルクチョコシュークリームは反対にしっとりと滑らか。
密度あるクリームになっています。

チョコレート屋さんのシュークリームだなあと実感するのは、甘さよりも苦みや酸味などのチョコレートの風味を引き立たせていること。すこし酸っぱい香りのするチョコクリームが使われているようです。ミルキーな感じはあんまりしなかったな。

食感は重いんだけれど、意外とミルクチョコ味のほうがするっと食べられます。

ソフトクリーム ミックス味

ソフトクリーム ミックス味
ソフトクリームは持ち帰りが出来ないので、その場でいただきました。
近くにベンチがありますよ。

お味はバニラとチョコとミックスの3種類。私はミックスを選びました。

これはバニラの香りがほんっとうに良いです。
甘くてしっかりした華やかさがあります。
チョコレートアイスはほろ苦く作ってあるんですが、このバニラと一緒にいただくと不思議とキャラメルのような香ばしさがあらわれます。なにこれ美味しいなあ。

コーンはほのかにチョコレートフレーバー。しかしなかなかに甘いコーンでした。

ソフトクリームはコーンとカップを選べます。
いつまでも続くチョコレートの喜びを感じたいならコーンを、
後味のスッキリさ求めるならカップが良いかもしれません。

わたしはカップにしちゃうかも。
それくらいバニラの香りが好きでした。こちらを余韻にしたい!

ぜひトウキョウミタスへ。

トウキョウミタスは東京駅直結なので、他県のかたも訪れやすくなったと思います。
ぜひぜひ色んな味を楽しんでいってください!

商品情報

名称 生菓子
原材料名
内容量 各1個
購入価格 カスタードシュークリーム 262円
ミルクチョコシュークリーム 315円
ソフトクリーム ミックス 350円(いずれも税込)

コメントを残す