Tag Archives: 日本

ロッテ「ONショコラ バレンシアの太陽」

ロッテ「ONショコラ バレンシアの太陽」

「ONショコラ」は、素材をチョコの表面にトッピングし、異国情緒を感じる味わいに仕上げた新感覚の板チョコレートです。

今月新しいフレーバーが発売になりました。
「バレンシアの太陽」です。
新商品が出たという事は、それなりに好評だったみたいですね。良かった良かった。

イタリア、ハワイときてお次はスペイン。
スペインを代表する飲み物「サングリア」をイメージした、甘く爽やかな味わいに仕上げたそうです。

「ローマのカフェタイム」「ハワイの朝フルーツ」のレビューはこちら>>
Continue reading

マルシェ ド ショコラ「ボンボンショコラ キルシュ」

マルシェ ド ショコラ

「マルシェ ド ショコラ(Marché du chocolat)」はメリーチョコレートのブランドのひとつで、2012年6月に東京駅ナカ「GRANSTA(グランスタ)」にオープンしました。ロリポップチョコレートや絵本のようなイラストが描かれたチョコレートボックスなど、カラフルでキュートな商品が並んでいます。テーマは「Daily Happiness!(毎日の幸せ)」。

話は逸れますが、2013年10月30日から開催されていた第19回サロン・デュ・ショコラにおいて、同じくメリーのブランド「トーキョーチョコレート」が、C.C.C.4タブレットを獲得しました。これで3年連続の受賞になります。素晴らしいですね!

さて、こちらは東京駅の中にある「マルシェ ド ショコラ」です。
かわいい雑貨屋のような雰囲気のお店で、おもわず立ち寄ってしまいます。

いくつか購入したうちの、今回はボンボンショコラをレビューします。
フレーバーは確か6〜7種ぐらいでした。同じく東京駅にある「Mary’s café」とも違うラインナップで、こちらのほうがひと粒のサイズが大きいようです。

Continue reading

ロッテ「ONショコラ」 2種

ONショコラ

「ONショコラ」は、素材をチョコの表面にトッピングし、異国情緒を感じる味わいに仕上げた新感覚の板チョコレートです。「ハワイの朝フルーツ」と「ローマのカフェタイム」の全2種類が販売されています。

ひとめぼれ&即買いです。
この手のタブレットがスーパーで買えるようになるとは……!

ベルナシオンさーん、バッハルムさーん、時は熟してますよ〜!
早く日本に出店してくださーい。
Continue reading

グリコ「アーモンドピーク」ラム&レーズン

グリコ「アーモンドピーク」ラム&レーズン

「グリコ」は、創業者江崎利一氏が牡蠣の煮汁に含まれるグリコーゲンを確認し、1921年(大正10年)に栄養菓子グリコを創製したことから始まります。翌年の2月11日、大阪三越百貨店でグリコの販売を開始、この日がグリコの創立記念日となりました。また現在のロゴは、1992年にリニューアルされたものです。

「アーモンドピーク ラム&レーズン」は、グリコ独自の”アメ焼き”製法で仕上げたアーモンドを、ラムレーズン風味のシェルに閉じ込めたチョコレートです。

上品なバイオレットカラーが売り場で目にとまりました。
2013年9月10日に発売された新しいフレーバーです。
ラムレーズン風味が発売されると、秋冬がやってきたな〜と感じます。
大部分はラミーのせいですね!

Continue reading

チロルチョコ「チロルのいよかんチョコ」

チロルチョコ「チロルのいよかんチョコ」

「チロルチョコ株式会社」は松尾製菓の企画販売部門を独立させ、2004年に設立された会社です。その松尾製菓は大正8年に設立、チロルチョコレートは同社チョコレート部門を新設した昭和37年に誕生しました。

「チロルのいよかんチョコ」は、愛媛特産のいよかんを使用した「いよかんクッキー」と「いよかんマシュマロ」の2種類がアソートされています。
個別包装もたくさん種類があり、方言が書かれているのもありました。
今治のゆるキャラ、バリィさんが可愛いです!

Continue reading

ル・ジャルダン・ブルー「タブレットショコラ」

ル・ジャルダン・ブルー

「ル・ジャルダン・ブルー(LE JARDIN BLEU)」は、2004年にオープンした東京都多摩市の京王永山駅にある洋菓子店です。シェフの福田雅之さんは辻調理専門学校を卒業後、アンテノールに入社。ヴィタメール、フレデリック・カッセル、リュック・ギエ、レイナル・ド・プティで修行を積みました。受賞歴は、2000年「クープ・ド・モンド日本予選 ショコラ部門」優勝、翌年フランスで行われた本戦で総合準優勝。

大好きな、大きくて分厚いタブレットです。
伊勢丹新宿店のマ・パティスリーに来ていたので購入しました。
Continue reading

グリコ「アーモンドピーク」氷糖蜜仕立て

グリコ「アーモンドピーク」氷糖蜜仕立て

「グリコ」は、創業者江崎利一氏が牡蠣の煮汁に含まれるグリコーゲンを確認し、1921年(大正10年)に栄養菓子グリコを創製したことから始まります。翌年の2月11日、大阪三越百貨店でグリコの販売を開始、この日がグリコの創立記念日となりました。また現在のロゴは、1992年にリニューアルされたものです。

「アーモンドピーク」は、グリコ独自の”アメ焼き”製法で仕上げたアーモンドとアーモンドペースト入りチョコレートを、ミルク味のシェルに閉じ込めたチョコレートです。

ということで夏バージョンの氷糖蜜仕立てです。塩バニラはよく見かけるのですが、こちらはなかなかお目にかかれないので、つい手に取ってみた次第です。金銀に輝くパッケージもカッコいいです。
Continue reading

チロルチョコ「チロくま」

チロくま

「チロルチョコ株式会社」は松尾製菓の企画販売部門を独立させ、2004年に設立された会社です。その松尾製菓は大正8年に設立、チロルチョコレートは同社チョコレート部門を新設した昭和37年に誕生しました。

九州名物のアイス、白くまをアレンジしたチロルチョコです。
ネーミングもパッケージもチョコのカラフルさも、全てが可愛くてひとめぼれしました!
個別包装には3色のクマがそれぞれ描かれていますが、味は同じです。
Continue reading