ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)


フランス/パリ
公式サイト
http://www.lamaisonduchocolat.co.jp/
日本への出店
東京、大阪
日本でのイートインスペース
一部店舗であり
価格帯
タブレット 75g 945円
ボンボンショコラ 1粒 315円〜
エクレア 651円
オンラインショップ

※ 価格は参考。その時期の材料費などにより変動します。

ラ・メゾン・デュ・ショコラとは

ラ・メゾン・デュ・ショコラは、1977年、ロベール・ランクスさんによって創設されました。パリ8区フォーブル・サントノレにオープンされた、当時めずらしいチョコレート専門店は、ほどなく評判になり、ロベール・ランクスさんは「ガナッシュの魔術師」と言われるようになります。1987年にはフランソワプルミエ通りに2号店を構え、1990年、ニューヨークにて世界進出を果たします。日本への出店は、1998年の表参道ブティックが初めてとなります。コルベール委員会メンバー。

2012年、ロベール・ランクスさん、パスカル・ルガックさん、ジル・マルシャルさんの後を継いで、ニコラ・クロワゾーさんがクリエイティブディレクターに就任しました。彼は2007年にM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を取得しています。

受賞歴など

  • 2005年 ワールド・チョコレート・マスターズ ピエスモンテ部門1位(ニコラ・クロワゾー)
  • 2007年 M.O.F. 取得(ニコラ・クロワゾー)
  • 2007年 C.C.C.で5タブレット獲得
  • 2009年 C.C.C.で5タブレット獲得
  • 2011年 C.C.C.で5タブレット獲得
  • 2012年 C.C.C.で5タブレット獲得
  • 2013年 C.C.C.が選ぶフランス最高のショコラティエ12名の1人に選ばれる

人気はエクレール

2010年日本初登場、今なお高い人気を維持しているのがエクレア(エクレール)です。
フレーバーは、ショコラ・カフェ・キャラメル(各651円・税込)の3種類で、ひとつずつ小箱にパッケージされています。
その人気ゆえ、夕方には売り切れてしまう事もあるようです。

併設カフェ

表参道店、丸の内店、松屋銀座店、六本木ヒルズ店には、ブティックにカフェが併設されています。
梅田阪急店にはショコラショオが飲める専用カウンターがあります。

メニュー例

紅茶は「マリアージュフレール」を使用しています。

オンラインショップ

ラ・メゾン・デュ・ショコラのチョコレートは、公式オンラインブティックと阪急オンラインショッピングで購入ができます。
公式オンラインブティックでは、ボンボンショコラの他にフィナンシェやパート・ドゥ・フリュイなども用意されています。

コメントを残す