ジョンカナヤ「ボンボンショコラ 果実」

ジョンカナヤ「ボンボンショコラ 果実」

「ジョンカナヤ(JOHN KANAYA)」は、1971年に誕生した伝説のフレンチレストラン「ジョン金谷麻布」を、ショコラ専門店として現代に甦らせたブランドです。“伝統とモダンの融合”をコンセプトに、恵比寿、東京スカイツリー・ソラマチ、鬼怒川金谷ホテルに店舗を展開しています。

「ボンボンショコラ 果実」は、美味しさを閉じ込めた証である「封蝋」をのせたボンボンショコラです。フレーバーはレッドラムレーズン、ライチ、すだち、ピーチ、フランボワーズの5種類です。

私が食べた印象は……

ボンボンショコラ果実の断面
(左から)
レッドラムレーズン:
なめらかな口溶けのホワイトチョコレートからはラムレーズンの良い香り。アルコールの揮発とともに、さらに香りが広がります。使用されているのはジャマイカ産のレッドラム酒です。

ライチ:
ホワイトとスイートのガナッシュを使用しています。チョコレートとライチの香りのコンビは、まるで洋酒をいただいているかのような豊かさがあります。ほんのり苦みがのこるフレーバーです。

すだち:
馴染み深いホワイトチョコレートの香りから、突如すだちのフレッシュで苦みある香りがあらわれます。この柑橘の苦みをカバーする味は、ありそうでなかなか出会いませんね。余韻もすだちの苦みです。

ピーチ:
フォンダンショコラのような味のニュアンスと、桃の種を思わせる渋み。これも意外な味!フレッシュとはまた違うリアルさがあります。フランス産濃縮果汁を使用しています。

フランボワーズ:
フランボワーズのリキュールとピューレをスイートチョコに合わせたガナッシュです。クリアで爽やかな甘酸っぱさと、ふんわり鼻から抜けるお酒の香りが心地よいです。

封蝋は甘いホワイトチョコレートです。長さがあるボンボンショコラなのでふたくち、封蝋ありとなしでまた違う印象になります。
私はレッドラムレーズン、ピーチ、フランボワーズが好みでした。

夜、ゆったり香りを楽しみたい

今までいただいてきた果実系ボンボンショコラのイメージからは思いもよらない独特のフレーバーがおもしろく、強く引き込まれました。
苦み渋みが特徴的であり、また香りがまろやかで豊かなので、ゆったり静かに楽しみたいチョコレートです。
夜ご飯をいただいてちょっと落ち着いた頃、ぱかっと蓋を開ける、なんて、いいなあと思いました。

商品情報

名称 チョコレート
原材料名 カカオマス、砂糖、生クリーム、転化糖、フランボワーズ、ライチ、バター、ピーチ濃縮果汁、すだち、レーズン、レッドラム、酸味料、着色料(黄4、赤40)、ベニバナ黄色素、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量 5個
購入価格 1,800円(税込)

ジョンカナヤのチョコレートはどこで味わえる?

「ジョンカナヤ」のチョコレートは、恵比寿本店、東京スカイツリータウン ソラマチ店、鬼怒川金谷ホテル ギフトショップで購入ができます。オンラインショップは2013年4月にオープン予定です。

ボンボンショコラはシリーズが4つあり、「果実」のほかに「スタンダード」「和」「酒」があります。

コメントを残す