ダヴィド・カピィ「ショコラアソート」その2

ダヴィド・カピィ「ショコラアソート」

ダヴィド・カピィ(David Capy)さんは、1974年フランス アキテーヌ出身のパティシエ兼ショコラティエです。2005年から2012年までヴァローナ社に勤務し、その後、2012年6月に自らの店をフランスのボルドーにオープンさせました。2007年にパティスリー・コンフィズリーM.O.F.を取得。

サロン・デュ・ショコラ初登場「David Capy」のボンボンショコラです。
全部で8粒ありますので、2回にわけてレビューを載せます。

ダヴィド・カピィ「ショコラアソート」その1はこちら >>

私が食べた印象は……

今回は上の写真の左側から順にご紹介します。

味の説明書きがなかったので、カタログなどで分かるもの以外は、
素材の取りこぼしや勘違いがあると思います。

ミルク:

ミルクチョコ
シンプルなミルクガナッシュをミルクチョコレートでコーティング。
トッピングはブラウンシュガーです。

ガナッシュはしっかりした歯ごたえで、まろやかに溶けていきます。
コクのある甘いミルクの味がして、ローストしたナッツのような、こうばしい香りがラストに向かって薄く広がります。

余韻は濃厚なミルクの香りです。

カカオニブ:

カカオニブ
ダークガナッシュの上にカカオニブをちりばめて、ダークチョコレートでコーティングしています。

さらりと溶けていくダークガナッシュは、やわらかい甘さに、少しだけフルーツのような酸味がありました。とてもシンプルであっさりした味です。
カカオニブはあまり苦くありません。そしてキュキュっとした食感。生っぽさが残っています。

余韻はカカオの香りで短めです。
カカオニブで余韻が長くなるかと思ったんですけれど、意外とそうでもなかったです。
断面からしっかりカカオの香りが漂ってきて、期待はあったんだけどなあ。

ジャンドゥヤ:

ジャンドゥヤ
柔らかいヘーゼルナッツのプラリネをダークとミルクチョコレートではさんでいます。

チョコを鼻に近づけるとヘーゼルナッツの良い香り。
口に含むともちろんたっぷりのヘーゼルナッツが広がります。

甘さはジャンドゥヤにしてはひかえめです。
緩やかにとけて、後味はキレのあるスッキリ系ジャンドゥヤ。

底に一枚ミルクチョコレートを敷いており、
それがぱりっとしていて、食感のアクセントになっています。

余韻も長く、安心の味ですね。

ダーク:

ダーク
断面からカカオの良い香りがします。
他のボンボンショコラよりもぱりっとしたコーティングでした。

口溶け良く、しっかりした主張のあるガナッシュで、
フレッシュなフルーツや花の香りが広がります。
どこか緑茶っぽい香りもするような。はいってるのかな?

余韻はカカオの香りが長く続き、正統派の印象を受けました。

バラエティ豊かで楽しいアソートでした

一粒ごとにはっきり印象の違いを感じられて、楽しいアソートです。
はじめましてには良いセレクトだったんじゃないかしら。
一粒ではなく、たくさん食べてブランドの面白さに触れたいと思わせてくれました。

M.O.F.の試験の時に制作したボンボンショコラが「コンバワ」で、
それがお店のスペシャリテになっていることから、
常に新しい味の発見を追求したいという気持ちが伝わってくるようです。

次に購入できる機会があったら、その時は今回とまた違う印象のボンボンショコラがつまっているのかなと思うと、楽しみです。

日本の店舗とオンラインショップはありません。
フランスのお店はボルドー(7 rue Michel Montaigne 33000 Bordeaux)にありますので、お近くに旅行の時には寄ってみてください。

商品情報

名称 チョコレート菓子
原材料名 砂糖、カカオマス、ココアバター、カカオ豆、全粉乳、ヘーゼルナッツ、アーモンド、生クリーム(乳製品)、ピーカンナッツ、ココナッツ、レモン、オレンジ、紅茶、バラの花弁、緑茶、蜂蜜、バター、リキュール、ブラウンシュガー、転化糖、ぶどう糖、小麦粉、乳糖、乳蛋白質、麦芽糖、食塩、重曹、バニラビーンズ、ソルビトール、香料、乳化糖(大豆由来)
内容量 8個
購入価格 3,150円(税込)

※ 価格は私が購入した時の価格であり、店舗や時期により異なります。

コメントを残す